安全活動

「良い仕事は安全の確保から」全職員が安心して健康的に働ける職場の形成に努めております。
建設現場の「安全」を最重要事項として捉え、建設工事に伴う労働災害・事故の撲滅を図るため、
様々な活動を展開しております。

 

安全衛生方針

一、施工と安全を一体化した安全管理活動を協力会社と共に展開し、「リスクアセスメント」の実施により、持ち場・立場で「危険ゼロ」を目指す。

 

安全スローガン

危険の発見とその排除

 

安全目標

「労働災害ゼロ」

 

安全大会・安全パトロールの実施

新谷建設株式会社全職員及び協力会社参加のもと、例年定期的に安全大会を開催しています。
また、現場毎の安全大会や、役員、労働安全衛生担当者による日常的な安全パトロールを実施しています。

重点施策

1 会社における目標達成のための方策(会社が定める災害防止活動)
 ① 安全衛生に関する事前施工評価、災害防止強化区分による作業事前検討会、現場安全衛生協議会、毎日の作業打合せ、KY活動時、協力会社からの
   作業計画、作業手順書等あらゆる段階でリスクアセスメントの活用を軸として、関係者への周知、作業時の実践を確認する。
 ② 墜落・転落災害、崩壊倒壊災害、クレーン、重機関連災害等による災害防止のため、安全活動事項を定め、管理計画を策定する。
 ③ ヒューマンエラーに起因する労働災害の防止対策を講ずる。
 ④ 過重労働対策として、時間外の管理、メンタルヘルスに関してのストレスチェックの実施。
 ⑤ 交通災害防止対策を実施。
 ⑥ 熱中症予防対策の推進。

2 現場における目標達成のための方策
 ① 担当常務、部長、安全品質管理部と施工前に打合せてリスクを評価し、施工計画に基づき災害防止対策を確実に実施する。
 ② 現場担当者及び協力業者職長は、重点危険作業の事前打合せを実施し、決定した事項を先端作業員まで周知・徹底する。
 ③ 管理する立場としての心構えとして3ナイ管理を徹底する。(黙認シナイ・妥協シナイ・放置シナイ)
 ④ リスクアセスメントを取り入れた作業計画、作業手順、KY等による安全活動の展開状況を点検し、指導する。
 ⑤ KY活動、ヒヤリハット運動、安全一声運動、5S運動等を積極的に実施する。
 ⑥ 作業日報、出面表においての時間外管理を徹底する。
 ⑦ ヒヤリマップの作成と周知及び運転者に交通安全教育を実施する。
 ⑧ 作業終了報告、確認を徹底する。

 

「北海道あったかファミリー応援企業登録制度」に登録しています

「北海道あったかファミリー応援企業登録制度」とは、育児や介護など家庭と仕事の両立できる、男女が共に働きやすい職場環境づくりに取り組んでいる企業を登録し、企業の自主的な取り組みを促進する制度です。
新谷建設株式会社では、これらの趣旨に賛同し、この制度への登録をいたしました。

 

Copyright(C) Shinya Construction.Co.,Ltd. All Rights Reserved.